長らく愛用していた基礎化粧品

  • 2018.06.21 Thursday
  • 20:17

学生時代には基礎化粧品や化粧品にこだわり、けっこうお金をかけていたのですが、

今では、お手頃価格のものをたっぷりと使えれば。と考えています。

 

今まで長らく愛用してきたのは、日本企業の『MATSUYAMA』。

化粧水、乳液、保湿クリーム、クレンジングを5年くらいは使っていると思います。

洗顔はボディー用のをそのまま使っている。。。

 

http://www.matsuyama.co.jp/

 

http://store.matsuyama.co.jp/products/list.php?category_id=11&transactionid=09a70e62a0b4bb93987d37dc358fb78af159b44b

 

お値段も手ごろだった、ということも長く続いた理由の一つ。

 

クレンジングはジェルタイプ。

オイルだと洗顔後、乾燥が強いのでNG。ジェルタイプを探していたところこちらのブランドに出会いました。

ナチュラルメイクなので、洗い残しなくしっかりお化粧がとれます。

 

・クレンジング 145g 1300円くらい。

 

 

化粧水はさっぱりタイプと保湿タイプとを使い分け。

夏場はさっぱり。冬場はしっとり。

シンガポールに持参したのは、さっぱりのを持参。

 

・化粧水 詰め替え用110ml 1000円くらい。

100均のボトルを購入して使ってます〜。

 

 

・乳液 詰め替え用85ml 900円くらい。

 

・保湿クリーム 詰め替え用 45g 1200円くらい。

 

 

冬場になるとこれだけではガサガサと乾燥がひどいので、さらにオイルを塗りたくっていました〜

シンガポールではあまり湿度が高すぎて、オイルは使わなくなりました。

毎日、常夏で日本より紫外線をたっぷり浴びているのでお手入れも見直しをしたほうが良さそうと感じている今日この頃です。

 

 

 

日本から持参した基礎化粧品も残りわずかになってしまいました。

そんなタイミングでオーストラリアがorganic大国であることを初めて知りました〜

せっかくだからいろいろtryしてみたい!!!

旅行に行く前からだいぶ調べてました〜

 

 

オーガニック製品とは、無農薬有機栽培の加工方法で作られた製品
世界各国のオーガニックの基準は様々で、オーストラリアには【ACO認定オーガニック】という高い基準が設けられている。

ほぼ100%が自然派由来。95%以上が認定されたオーガニック原材料を使用し、残りの5%も基準をクリアした自然由来成分であること。
化学農薬・化成肥料、環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、自然に育ったもの。

 

 

 

まずは、毎日欠かせない日焼け止めクリームの見直しです。

日本の日焼け止めはさらさらしていてSPF50のものがけっこう多くあり、アネッサなどを愛用していました。

でも、ここ最近肌の乾燥をすごくかんじるようになりました。

調べると、SPFが高いものや、さらさらとすぐなじむ日焼け止めはケミカルなものが多めに添加されているのだとか。

今まで使い続けてた。。。

 

もう少しお肌に優しい日焼け止めを見直そうということで、

オーストラリアの『ムーグー』を使ってみることにします。

 

MOOGOO

http://moogoo.com.au/all-products.html

 

 

そしてお肌の基本の洗顔。

こちらも乾燥肌なのでオイルではなくミルククレンジングを選んでオーストラリアコスメを3ブランド購入しました。

 

基礎化粧品の化粧水、乳液、ナイトクリームもオーストラリアの旅で3セットを購入。

 

シャンプー、リンスも買ってみました。

 

 

 

今、使っているものを使いきってorganicコスメを使うのが楽しみです〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM